AMBULATORY REHABILITATION

通所リハビリテーション フレール吉田

通所リハビリテーションとは

通所リハビリテーションとは、自宅で生活されている要介護状態の方を対象に『心身機能の維持・改善』を目的として、また介護予防通所リハビリテーションは、要支援の方を対象に『ご自宅で自立した生活を続けられる事』を目的として、リハビリテーション・レクリエーション・食事・入浴・送迎などを提供する日帰りのサービスです。

通所リハビリテーション

フレール吉田の特徴

豊富なリハビリメニュー

理学療法士による『個別リハビリ』はもちろん、トレーニング機器を使用する『パワーリハビリテーション』や、集団体操(マット体操、バランス体操)、あん摩マッサージ指圧師によるマッサージや、『各種物療機器』など、状態に合わせたリハビリメニューをご利用いただけます。

パワーリハビリのご紹介
個別リハビリ
個別リハビリとは…
リハビリテーション実施計画に基づき、医師又は医師の指示を受けた理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が利用者様一人ひとりに対して個別に行います。
あん摩
あん摩とは…
なでる、押す、揉む、叩くなどの手技を用い、生体の持つ恒常性維持機能を反応させて健康を増進させる手技療法です。
集団体操
集団体操とは…
理学療法士など指導員の掛け声に合わせ、マット体操やバランス体操などを小集団で行います。
物理療法
物理療法とは…
マッサージや電気、温熱などを用いて痛みを和らげ、関節の可動範囲を広げるなど生活動作を容易にする療法です。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

 入 浴

スロープ・手すりを設置した大浴場で、安全に、安心して入浴をお楽しみいただけます。

 

入浴

ご利用にあたって

定員 40名
ご利用回数 ご本人、ご家族、主治医、担当ケアマネジャーと相談し、ケアプラン作成した上で決定します。
ご利用料金
【通所リハビリテーション】 (介護給付 要介護1〜5の方)
≪基本サービス費≫
[ 6時間以上7時間未満 ]
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
650円/日 777円/日 902円/日 1,049円/日 1,195円/日
[ 7時間以上8時間未満 ]
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
688円/日 820円/日 955円/日 1,111円/日 1,267円/日
≪各種加算≫
[ 6時間以上8時間未満 ]
時間延長 8時間以上9時間未満 50円/日
時間延長 9時間以上10時間未満 100円/日
リハビリテーション提供体制加算 18円/日
サービス提供体制強化加算 24円/日
入浴介助加算 50円/日
リハビリテーションマネージメント加算(機 330円/日
リハビリテーションマネージメント加算(供 6月以内  850円/日
リハビリテーションマネージメント加算(供 6月超   530円/日
リハビリテーションマネージメント加算(掘 6月以内 1,120円/日
リハビリテーションマネージメント加算(掘 6月超   800円/日
短期集中個別リハビリテーション実施加算 110円/日
介護職員処遇改善加算(供 所定単位数に3.4%を乗じた単位数

※所定単位数とは、基本サービス費に各種加算を加えた総単位数

【介護予防通所リハビリテーション】 (予防給付 要支援1・要支援2の方)
≪基本サービス費≫
要支援1 1,712円/月
要支援2 3,615円/月
≪各種加算≫
リハビリテーションマネジメント加算 330円/月
運動器機能向上加算 225円/月
事業所評価加算 120円/月
サービス提供体制強化加算 要支援1 72円/月
要支援2 144円/月
介護職員処遇改善加算(供 所定単位数に3.4%を乗じた単位数

※所定単位数とは、基本サービス費に各種加算を加えた総単位数

【その他共通料金】
昼食 600円 オムツ代 実費
夕食代(延長利用時) 530円    

利用者負担額について介護報酬自己負担額(法定)は、利用月の前月末に、居宅介護支援事業所の担当ケアマネージャーにより”サービス利用票およびサービス利用票別票”にて提示されます。利用料等は、サービスを受けた月の翌月初めに、請求させて頂きます。

見学・体験随時受付しております。
気になった方はフレール吉田まで
電話 : 099-294-2124(デイケア直通)
月〜土(祝日も営業)