ABOUT THE YOSHIDA SPA HOSPITAL

吉田温泉病院について

院長ごあいさつ

当病院は、昭和60年8月旧吉田町の中核病院として初代横山淳一理事長が創設いたしました。鹿児島市本名地区にある大原台地の緑に囲まれた静寂な地に在する吉田温泉病院は、地域の人々のお役に立つように医療療養型の病院として、慢性期医療と維持期リハビリテーションに力を注いでいます。みなさまに満足いただけるサービスとして、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が三位一体となり身体機能や基本動作能力の維持向上を図るとともに、入院患者様だけでなく自宅で生活されている方へも外来や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションにてリハビリを行っています。

これらのサービス内容からお分りのように当病院は、「医療と福祉は常に一体であり特に老人問題に関しては表裏の関係で行われるべきである」と考えそのことに強い関心を抱いてきました。そこで地域との連携を図りながら患者様の在宅復帰を目指すとともに終末期の医療にも取組んでいます。今後も安定期治療において地域と密着しかつ地域から信頼され必要とされる病院運営を目指して参ります。

吉田温泉病院 院長 木本 恵子    

 

経営理念

  1. 私たちは、患者様・利用者の方々やそのご家族に心から喜ばれる質の高い、安心・安全な医療・看護、介護サービスを実践致します。
  2. 私たちは、患者様・利用者の方々に愛情と尊厳をもって接し、私たち自身や私たちの家族が受けたい医療・看護、介護サービスを実践致します。
  3. 私たちは、地域における他の医療・看護、介護サービスを行う方々と連携し、共に地域の方々の健康と生活を守ります。
  4. 私たちは、医療人、看護人、介護人としての初心を忘れず、日々研鑽し、本分を守り、誇りの持てる職場づくりを目指します。また、医療・看護、介護サービスを通じて自己実現をはかり、ひいては社会貢献に資すると共に私たち自身や私たちの家族も幸福を追求致します。

診療科目

内科
消化器内科
リハビリテーション科
内科・消化器内科・リハビリテーション科