ABOUT MAJOR DEPRESSIVE DISORDER

うつ病について

うつ病とは?

こんな症状ありませんか?
  • 気分が落ち込む
  • 不安が頭から離れない
  • 何もする気が起こらない
  • よく眠れない、夜中に何度も目が覚める
  • 思考力や集中力の低下
  • 感情が抑えられない、また感情が湧いてこない
  • 死や自殺について考える、死にたくなる

1. うつ病とは?

人は誰でも気分が落ち込んだり、憂鬱になったりします。その多くは時間とともに改善しますが、気分が沈み込んでいつまでも回復しないときには、「うつ病」になっているかもしれません。一生涯のうち一度でもうつ病になったことがあるという生涯有病率は6.5%、日本人の15人に1人はうつ病になっているということです。うつ病は「心の風邪」といわれるほど、誰でもかかる可能性のある病気です。

2. どうしてうつ病になるの?

うつ病になる原因は人それぞれですが、ストレスや慢性的な疲労によるものや家族、職場の人間関係、産後など、心に負担がかかる生活が長く続くとうつ病を発症する原因になります。決して、性格の弱さや怠けではありません。
うつ病はなかなか自分では分からず、少し疲れたかな?と思い、気がつかないケースが多く、周囲からも普通に見える為そのまま時間だけが経ちます。
この時間の流れがうつ病を進行させてしまう原因になるのです。

3. どんな人がなりやすいの?

  • まじめ、几帳面
  • 完璧主義
  • 他人任せにできない
  • 責任感が強い人
  • 柔軟性に欠ける
  • 他人の評価に対して非常に気にする人
  • 自己否定的な考えをする

などです。

4. うつ病になると、どんな症状が出るの?

うつ病の症状は「心の症状」と「体の症状」とがあります。

心の症状 体の症状
憂うつな気分 不眠
不安・心配 肩がこる
悲観的に考える 体がだるい
自分を責める 動悸
やる気がしない 食欲が落ちる
興味、関心がなくなる 頭が重い・頭痛
自殺を考えるなど 性欲が落ちるなど

一般的には朝に調子が悪く、午後から夜にかけて徐々に改善するという日内変動が見られることがよくあります

5. うつ病になったらどうすればよいの?

早めに受診する事が大切です。一人が不安な場合は友人や恋人、ご家族と一緒に来院してはどうですか?不安のある方もいらっしゃるかもしれませんが、安心して受診し、医師との相談の上ゆっくりと治していきましょう。
焦らなくても大丈夫です、ゆっくり一緒に治療していきましょう。

最後に

うつ病はきちんと治療をすれば治る病気です。病院受診をし、お薬を飲み、休養をしっかりとる事が大事です。また体調の変化に気が付きながらも、長時間放置するとかえって病状が進行してしまい回復が遅れてしまうため早期受診をお勧めします。まずは医師に相談しましょう。