ABOUT THE OSHIMA SANATORIUM

大島保養院について

ごあいさつ

大島保養院 院長:五十嵐 至朗

大島保養院の特徴はその地に根付いている医療機関であるということである。 先ず病院職員の大多数が当地の出身者で占められ、入院患者さんの多くが職員の知人であったり縁故者であったりするので病院は巨大家族で構成されているようなものである。家族的関係とか家族的雰囲気と言うと一般に良い意味で使われる言葉であり、その特色を生かしながら大家族であっても色々と問題が起こるため、日々それらを乗り切って行かなければならない。

職員スタッフが少なくても、、先頃大きな風水害があって停電、断水、医療・食品不足であったが、島に伝わる絆を太くして問題を切り抜けることができた。大家族での家風を更に磨いていくことを目標とした病院である。

経営理念

  1. 私たちは、患者様・利用者の方々やそのご家族に心から喜ばれる質の高い、安心・安全な医療・看護、介護サービスを実践致します。
  2. 私たちは、患者様・利用者の方々に愛情と尊厳をもって接し、私たち自身や私たちの家族が受けたい医療・看護、介護サービスを実践致します。
  3. 私たちは、地域における他の医療・看護、介護サービスを行う方々と連携し、共に地域の方々の健康と生活を守ります。
  4. 私たちは、医療人、看護人、介護人としての初心を忘れず、日々研鑽し、本分を守り、誇りの持てる職場づくりを目指します。また、医療・看護、介護サービスを通じて自己実現をはかり、ひいては社会貢献に資すると共に私たち自身や私たちの家族も幸福を追求致します。

診療科目

精神科
内科
精神科・内科